たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  調布市 調布市

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
小田切 寛
小田切 寛
こんにちは。英語教室Good Performrの小田切です。これまでの生活や仕事をしてきた中で英語教育について感じてきたことを皆さんにお伝えします。
現在調布で中学生から社会人まで幅広い方々を対象に調布市小島町(調布駅南口徒歩5分)英語教室を営んでいます。調布市に留まらず多摩、更には全国規模での英語教育の在り方について考えていきます。

慶應義塾大学文学部教育学専攻卒
米国George Washington 大学大学院
Elliott School of International Affairs
国際関係学部国際開発プログラム
国際教育修士号取得(栄誉卒)

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

TOEIC対策を話す力へと!! 英語教室GP

2014年04月26日

桜の花も散り、新緑の季節へと向かいつつありますね。「五月晴れ」の多い5月を期待しながら日々を過ごしたいものです。

ところで前々回の投稿内容に関連して、もう少しTOEICという試験と英語を使うということの関連について考えてみたいと思います。初級~中級学習者にまず必要なのは表現と正確な語彙力を身に付けることに傾注することであり、何よりもそれらを蓄積して忘れないようにすることと格闘しなければなりません。上級者、例えばTOEICで言うなら800点から900点以上を取得している方々は、既に英語の語彙や表現に関するデータベースは脳に構築されていますが、話す力を分析してみると、発話する前に考えや言いたいことを頭の中で組み立ててから話し始める傾向が見られます。このプロセスは、ある意味英語を話す力を確立するために不可欠なステージであると言えます。

反面、TOEICで930~950点という高い英語力を持ちながら話すことが極めて不得手な学習者も存在します。こうした学習者は、TOEICの点数のみを上昇させることに集中し学習してきた方々に多く英語でアウトプットする練習をすべき段階で、してこなかったのだということがよくわかります。ですからせめてTOEIC800点程度に到達する前に蓄えた英語データを用いて、言いたいことを英語に変換していく練習をする必要があります。日本語を英語に転換する際の日本語自体の解釈、つまり自然な英語に直すためのデータベースからの語彙・表現の引き出し作業・ワードチョイスを一定期間持続してやることは、英語の口頭表現を向上させるために避けては通れぬ道と言えます。

TOEICという試験は、その対策の仕方によっては英語力全体を向上させる大変有効な素材であると考えます。ただし対策する中で忘れてはならないのは、対策用の教材に使われている英語それ自体を、自分自身が使うことを前提に身に付けていくということです。例えば、リスニングの素材は聞き取れた範囲で、何が話されているのか、何が問題なのか、どういうタイプのトークなのかを素材の中で使われている表現を使いながら、説明しまた議論することで何倍にも効果を上げることができます。またリーディング教材に出てくる語彙・表現・文法は、これをどう使うのかという視点で文脈の中で位置づけし、実際にそれを違う英語表現で言い換えることを試みる、またその表現自体を使うことをイメージしながら覚えていくことが、最終的には英語の総合力を向上させることに最も貢献してくれることを忘れてはならないと考えます。その姿勢を維持しながらTOEIC対策をすることこそTOEICという試験が持っている有効性を生かすことができると確信しています。そして英語教室GPは、そのことを間違いなく実践している環境であると自ら認識しています。
  


  • Posted by 小田切 寛 at 23:05Comments(0)英語を学ぶポイントは?

    当英語教室の授業・生徒さんって? 英語教室GP

    2014年04月15日

    こんにちは。新年度も始まり学生さん、社会人の方々共に新しい環境での日々の始まりですね。焦ったり戸惑ったりする時もあるかもしれませんが、自分に求められているものを置かれている環境の中で冷静に見極めながら、やるべきことを実行していってくださいね。そして、時には他人の力に頼ることもまた必要かもしれません。

    新年度にあたり、心機一転英語を始めようと思っている方々もいらっしゃるかと思います。実際、3月から4月にかけて、教室の授業についてお問い合わせをいただくことが多くなりました。お問い合わせ内容で最も多いのは、「どんな生徒さんがいるのですか。私は英語力がないので着いていけますか。」といったご質問です。そこで参考までに、現在当教室にいらしてくださっている生徒さんたちのことについて少々お話を…。

    当教室は、中学生から社会人の方々を対象とする、総合英語教室です。中学1年生から高齢の方々まで幅広く指導差し上げています。英語はあくまでも言葉にすぎませんから、年齢で仕切りを作って、お教えすることは当方の本意に背くからです。中高生の授業は、やはり受験を除外視して進めることはできませんが、随所にリスニングとスピーキングを入れて独自の学び方を実践しています。中でも中高一貫の私立都立の生徒さんで構成されているクラスは、授業時間の3分の2は、英語で実施します。リスニング素材を聞いて、簡単に内容についての話し合いをえいごでやります。この過程で考えたことや情報として捉えたことを英語でどのように表現していくか、その過程を言語の違いの認識、ワードチョイス、英語のルールを組み合わせて急がず確実に初めから作りこんでいく練習をします。文法や単語を単独に記憶していっても、話す力はつきません。最近入室した2人の中学2年生は、実によくこのプロセスを実践してくれています。

    高校生はといえば、1年生から授業の70%を大学受験準備に当てます。残りの30%はリスニングとスピーキングにあて、主に独自の教材を使い聞いたことの状況描写やQ&Aを通して英語の総合力を身に付けることを目指します。私立進学校に通う新高校1年生2人の生徒さんの授業では、すでに大学受験問題を使ってルールと読み込みを集中的に実施します。その後、リスニングとスピーキングへ進み聞くことと読むことの共通点、話すことと書くことの共通点に着目して運用力を向上させる、つまり英語を言葉として使うことを常に忘れないよう本人たちに意識してもらいながら授業を進めます。

    大人の生徒さんたちは、実に多様です。外資国内を問わず海外出張や海外とのやり取りを円滑にするために英語力を身に付けなければならない方々から、長期の海外生活で身に付けた英語力の維持と向上を目指す高齢の方、また純粋に英語がすきで学び続ける方、また他方では基礎からもう一度英語をやり直したい方など、何れの方々も実に前向きに取り組んでいらっしゃいます。

    当教室は、どんな理由、目的、そして動機であろうとも、年齢や現在の英語力は全く気にされずに学べる、学習者の立場に立った教育空間の創出を目指して進んでいきます。

    次回から少しずつそんな素晴らしい大人の生徒さんたちについてお話していきます。毎回ではないですが…。次回は、TOEICと英語力の関係についてもう少しお話させてください。


      


  • Posted by 小田切 寛 at 22:46Comments(0)調布の方々の英語ニーズ

    就職に英語面接は必要!! 英語教室GP

    2014年04月06日

    こんにちは。桜も満開、今年は桜の開花が入学式や入社式の
    時期と丁度一致して、4月からのスタートに文字通り花を添え
    てくれていますね。新しい生活の開始、頑張りながらも自分の
    ペースを見失わず進まれることを皆様にお祈りします。

    もう半年以上前になりますが、日本経済新聞ネット版で見た記
    事について少しお話をさせてください。この件に関しては、いつ
    か一言?と思っていて先送りになっていました。記事の概要は、
    「 職員採用のための英語の基準を定め、TOEIC 900点以
    上の大学新卒者を採用したが、海外からかかってく英語による
    電話に対応するよう指示をする、或は海外宛に連絡事項を英
    語で伝えるためにEメールを送るように伝えたが、ほとんど指示
    通りに職務が果たせない。」という人事担当者の嘆きの声を掲
    載したものでした。皆さんの中にもこの記事をご覧になった方
    もいらっしゃるのではないでしょうか。

    では、なぜTOEIC900点以上という高い得点を持ちながら実務
    英語に対応できないのでしょうか。これは別段TOEICという試
    験に意味がないとか役に立たないとかいう単純な理由ではあ
    りません。TOEICは、表現・語彙、リスニングの素材の観点か
    ら練りこまれたとてもよくできた試験だと考えます。それでは何
    故上記のようなことが起こり、今、民間企業を中心にそんな問
    題が少しずつ表面化してきているのでしょうか。結論から言う
    と、「試験は飽くまでも試験であり、運用力をつけるのは自分
    の努力次第」ということです。

    当方は、会社員時代恐らく10回以上英語による面接試験を受
    けました。多くは外資系の製薬会社、外資医療機器メーカー、
    IT関連企業、外資金融機関、国内企業の国際事業部門といっ
    た英語が業務上、MUSTである企業ばかりでした。中でも最も
    タフだったのは、米国医療機器メーカーの英語面接で、米国人
    の役員2人とマネージャーから別々に1時間ずつ、合計3時間
    の英語による面接でした。自分の専門分野である教育行政や
    発展途上国の教育改革提案等のような話題とは全く異なる質
    問と特定の人事財務法律といった分野で、外資民間企業が直
    面する可能性のある問題を想定して対応策を考えて即答する
    ことを求められました。当方のような中途採用の場合は、英語
    力云々というよりどんな経験をしてきて、何ができるかというこ
    とを他言語で説明することを求められますが、新卒採用の場
    合は、英語自体の運用力、つまりどれだけ英語が使えるかが
    鍵となります。

    当方の希望的観測ですが、最初に記したような新卒者の英語
    力に関する問題を少なからず軽減するには、英語による面接
    試験が必須であると考えると共に、恐らく近い将来多くの企業
    が英語面接を採用手段の1つとして導入すると思っています。
    いや導入せざるを得ないかと感じます。現在いらしていただい
    ている大人の生徒さんの半分以上は、職場でも使うための英
    語力を習得することを求められています。

    新卒、中途に関わらず英語を実際に使う力を身に付けること、
    大切ですね。


      


  • Posted by 小田切 寛 at 23:54Comments(0)大学生就職支援プロジェクト